ADHD 治療

MENU

ADHDの治療はどのタイミングで始めればいいの?

ADHDについては、「不注意」「多動性」「衝動性」という三つの症状がある場合が多いと言いますが、一体どのタイミングで治療をすればいいのでしょうか?治療となると、病院を受診してしっかりと診断をつけてもらうことが必要ですが、子供の場合には不注意や多動などはよく見かけられる症状なので、病院へ行って治療した方がいいのかということも悩む人が多くいると思います。

 

ここでは、ADHDかもしれないと思われる症状の場合に治療はいつ頃始めたらいいのか?ADHDの治療の年齢制限などを調べてみたのでご紹介したいと思います。

 

ADHDの治療はいつから始める?

まずは、ADHDの治療はいつから始めたらいいのかということについてご紹介していきます。

 

ADHDの治療については、基本的には症状が出始めてからの治療になります。そのため、開始する年齢はまちまちなところが正直なところです。しかし、子供の場合は幼稚園生活や学校でも生活に支障がきたしていたり、大人の場合は社会時生活に支障をきたしている場合にはすみやかに治療を開始することが望ましいとされています。

ADHDの治療に年齢制限はある?

ADHDの治療に年齢制限はありませんが、子供の場合にはADHDではなくても不注意や多動性などの症状はよくあるため、病院での治療を望む前に支援センターなどで相談をするという人が多くいるようです。

 

そして、支援センターでも症状が改善されなかったり、支援センターで専門の先生に見てもらって初めて病院を受診して治療を開始するという人も多くいるようです。大人の場合にはやはり初めから病院を受診して治療を開始する人の方が圧倒的に多いです。

ADHDの治療はいつまで?

では、一体ADHDの治療はいつまで続くのか?ということですが、ADHDの治療が終了する時は、学校や社会人生活で薬がなくても長期的に落ち着いていられることが出来るか、学校生活や社会人生活において支障なく送ることが出来るかということがポイントになってきます。薬の効果で十分症状が改善されたかということも重要なポイントになってきます。

 

これらのポイントが改善できている場合に初めてADHDの治療が終了することになりますが、環境が変わったりししまうと、またADHDを発症する確率が高くなるので、治療を再開する人も少なくはありません。

治療前にサプリメントもおすすめ

確かにADHDにはしっかりと薬を飲んで治療しなくてはいけない場合もありますが、もしもADHDと診断されず、ひとまずは様子見で終わってしまった場合などは、サプリメントで症状の緩和を試みてみるのも一つの手です。

 

とくに、「コドミン」というサプリメントは子供向けのADHDには良い影響があるとされているサプリメントです。気になった方は一度ホームページを見てみることをおすすめします。

まとめ

ADHDについての治療は、年齢制限などはなく基本的には症状が現れた段階で病院を受診しながら治療していうことが望ましいということがわかりました。

 

もしもADHDか見極めがつかなかった場合には病院での治療の前にサプリメントで症状の改善を図るのもおすすめだということも分かりました。