ADHD 遺伝

MENU

ADHDは遺伝なのか?

ADHDについては、子供でも大人でも集団生活を送る上で困難を極める場合がありますね。そのため、ADHDのサプリメントや治療薬を使ってなんとか症状の緩和を目指そうとするものですが、ADHDは遺伝するのでしょうか?もしも遺伝するとしたら、どのくらいの確立で遺伝してしまうのでしょうか?

 

もしも子供がADHDの場合は、しっかりと遺伝に関することも情報として知っておきたい所ですよね。ここでは、ADHDの遺伝はどのくらい影響しているのかということについて調べてみましたのでご紹介いたします。

 

ADHDは遺伝するの?

まず、ADHDという病気は発見されてからまだ20年くらいしか経っていないので、今でも尚研究中の項目が多い病気になります。そんな中でも、ADHDの遺伝に関しては、家族性が関係しているということが分かってきました。

 

こちらについてもまだ研究中なのでしっかりとしたことは言えませんが、家族の中でADHDを持っている人がいる家族といない家族では、やはりADHDを持っている家族の方が子供にもADHD持ちの子供が多いことが分かっています。

ADHDの遺伝は何%?

そこで気になってくるのが、どのくらいの確率で遺伝するのかということですよね。こちらについては、アメリカで調査を行った所、父親か母親のどちらかがADHDを持っていると、子供に遺伝する確率は50%になるという発表がありました。

必ずしも遺伝なしない

ADHDについての遺伝が50%だったという報告を聞くと、半分の確立で遺伝してしまうのか!とびっくりしてしまうかもしれませんが、この確率についてもまだはっきりと遺伝だと決めつけられた訳ではないのです。

 

というのも、家族というのは、生活環境が似ているため体質がどうしても似てきてしまうのです。ADHDというのは、生活環境や体質などが影響しあって発症するので一概に遺伝とは言いずらいのです。つまり、親がADHDを持っていたからと言っても子供が絶対にADHDを発症するということはないということなのです。

ADHDの原因は何?

では、ADHDとは何が一番関係しているのかといいますと、「前頭葉の頭の働きの弱さ」が一番関係していると言われています。前頭葉というと、整理整頓をしたり注意を持続させるという働きをする所なのですが、ADHDの人は何らかの原因で、この前頭葉の働きが弱くなってしまっていることが一番深く関係していることが分かっています。

まとめ

ADHDについては、まだ病気が発見されて20年しか経っていないためまだまだ未解明な部分が多いということが分かりました。そのため、ADHDが遺伝するのかということについてもはっきりとしたことは言えないということが現状でしたが、アメリカでは50%の確立で遺伝の可能性があるということが言われています。

 

もしもADHDだと疑う症状が現れた時には、精神科を受診することもいいですが、子供の場合はサプリメントに頼ってみるのも一つの方法です。「小さな子供に副作用のある薬を飲ませるのにはまだ抵抗があるという子供でも、ちゃんと飲めるようにラムネ味になっているコドミンというサプリメントなら、ちゃんと嫌がらずに服用してくれるでしょう。