ADHD 薬

MENU

ADHDには良い薬がある?

ADHDかもしれないと思った時には、出来るだけ病院を受診して本当に自分がADHDなのかということをしっかりと診てもらう必要があります。もしもADHDの場合には、病院では薬が処方されますが、病院でいただく薬には副作用はないのでしょうか?

 

普段私達が風邪をひくと飲んでいる風邪薬などとは違い、精神科の薬というと本当にこれを飲んでもよいのだろうか?と心配になる人も多くいると思います。ここでは、ADHDについての薬の種類や薬の副作用などについてご紹介していきたいと思います。

 

ADHDの薬の種類と副作用

まずは、ADHDにはどのような薬の種類があるのでしょうか?ADHDは症状が軽い人もいれば思い人もいるため、それぞれの症状に合わせて薬が処方されます、一体どのような薬が処方されているのか見てみると同時に薬による副作用についても見ていきます。

リタリン

こちらの薬を処方されると、落ち着きがなかった人でもおちついて行動できるようになる効果があります。副作用については、食欲が減退したり、不眠になったりする場合があります。

コンサータ

今では、リタリンは依存性が高いため、こちらのコンサータを処方されることが多くなっているようです。効果としては、リタリンと同じなのですが、持続性がとても長く、リタリンの場合は4時間くらいしか効果がないのに対して、コンサータの場合は12時間効果が見込めます。副作用としては、子供の場合は落ち着きすぎてしまうということがあるようです。

イミプラン

ADHDと同時にうつ病を発症している場合に使われる薬です。就寝前に服用すれば一日中効果が持続します。副作用としては、便秘やよだれが出にくくなるといった症状が出ます。

クロニジン

症状としては、攻撃的だったり癇癪が激しい時に使われる薬です。コンサータと併用に関しては、死亡例もあるのでコンサータとの服用は禁止されています。副作用としては、眠気や嘔吐感、よだれが出にくくなったり発疹がでるといった症状が現れます。

 

薬に頼りたくない場合

このような薬には、全て副作用の危険性があることが分かっています。いくら症状を抑えてくれるとはいっても、子供にこのような薬を与えるのは躊躇してしまうという親もいるかもしれませんね。

 

そんな時には「コドミン」という子供のADHDに効果を表わすサプリから初めてみるのも1つの手です。実際に、コドミンを服用することで落ち着きが出て授業中も皆と同じように座っていられるようになったという報告もあります。

 

まとめ

ADHDについての薬には、症状に合わせて色々な薬があることが分かりました。薬の併用については、併用すると死亡してしまう危険性のある薬などがあるため、しっかりと病院で処方される薬を定められた方法で飲むことが大切です。

 

もしも、子供でこのような薬に頼りたくないと思う場合には、「コドミン」というサプリメントから初めてみるのもおすすめです。コドミンなら薬ではないですが落ち着きを取り戻せる効果が期待出来るサプリメントなので、ADHDの子供が実際に使っている症例も沢山あるのです。