ADHD

MENU

ADHDの診断はどうすればいいの?

ADHDについては、その人の個性として考えられつつありますので社会的にはあまり問題がないように思えますが、子供がADHDかもしれないと考えているご両親からしてみたら、ちょっとでもADHDの可能性があると思ったら1度病院で診断してみたいと思いますよね。

 

しかし、しっかりと病院で診断を受けて、他の子供達とも仲良く遊ぶことが出来る様になって欲しいと思うと同時に、「本当にADHDを診断されてしまったら受け入れる覚悟が必要」だと少し心構えがいるでしょう。でも、子供の将来を思ったら、早いうちに診断を付けておく必要がありますよね。

 

ここでは、ADHDの診断が下るまでの道のりをご紹介していきます。もしも、今病院に子供を連れていこうか悩んでいる時には、是非この記事を参考にして病院に連れていってあげてくださいね。

 

ADHDの診断は何科?

ADHDの診断を受けるには、まずは何科がある病院にかかればいいのでしょうか?ADHDの診断は、小児科と考えてしまう人もいるかもしれませんが、小児科を選ぶ場合にも小児精神科か小児神経科を受診するようにします。また、大人の場合には「精神神経科」という所を受診して診断を仰ぐことが大切です。

 

また、このような精神かを受診した時には、ADHDの場合は心の病気とも言われているため、しっかりと心のケアもしてくれる病院を探すということもポイントの1つになってきます。

初めて診断をうける時

初めて上記のような精神科を受診する時には、子供の場合はあらかじめ普段の行動でどのような事が気になっているのかということをメモした紙を用意しておくと診断が比較的スムーズに行えます。

 

また、今ではインターネット上でADHDのチェックリストもよく載っていますので、このようなサイトでチェックをしてから診断してもらったり、子供の通知表なども持っていくとより正確な診断を下すことが出来ます。

診断が下るまでの検査

ADHDかもしれないと思う場合には、身体検査や心理検査などが行われます。基本的には問診が圧倒的に多いので、今までの家族歴や生育歴から始まり、知能テストや心理テストなども行った後にひとまず病名が診断されます。

後になって分かることも

ADHDの場合、1度受診した時にはADHDの診断がくだらない時もありますが、後になってからADHDと診断が下る時もあります。そのため、もしも初めて受診した時とまた違った様子が垣間見えるなど、やはり気になる症状がある場合には再度病院を受診するようにすることも大切です。

 

まとめ

ADHDの診断については、ただの小児科ではなく、小児精神科や小児神経科といった、神経の専門が入っている病院を受診することが大切だということが分かりました。

 

もしも初めて受診をする場合には、今までの気になった症状などを詳しく説明出来る様に、普段の行動を紙に書いておいたり、ADHDチェックリストで先にあらかじめチェックしておくことが大切です。

 

また、病院を選ぶ際には、きちんと心のケアもしてくれる病院を探すようにして、症状が治まった後でもアフターフォローがしっかりと行ってもらえる病院で診てもらうようにしましょう。