多動症

MENU
 

多動性障害とは、発達障害の1つで、落ち着きが無い、じっとしていられない、という状態が普通の子供より目立つ子供の事を言います。多動性障害の場合、大抵は注意欠陥・多動性障害(ADHD)というタイプの発達障害として認識されています。ADHDを発症する原因はまだ解明はされていませんが、先天的に能機能の一部に欠陥をもって生まれてきていると言われています。ADHD には知的な遅れはないので、自分の感情をコント...

 
 

最近多動症に効果のあるサプリメントが、メディアを賑わせています。その普及率は多動症の子供が増加している、というデータと比例しています。一説には子供の3〜7%がいわゆる多動症(発達障害)症状を持っているとも言われます。そんな世情を反映して、多動症(ADHD)の研究も進み、多動症に効果ありと話題のサプリメントが、色々市場に出回るようになりました。その中で今特に話題になっているのが、サプリメントの主成分...

 
 

落ち着きがない子供は、何時の時代でもそれが当然として見過ごされてきました。然し最近その症状によっては、多動症という発達障害によるものであるという事が分ってきました。落ち着きがないけれど子供だから、と見過ごされがちだった症状が、障害と言える場合もある事が判明したのです。子供はじっとしていられない生き物である事は常識ですが、その落ち着きのなさが異常である場合があります。多動症の症状が出始めるのは2歳頃...

 
 

多動症の子供と普通の子供を、3歳や4歳頃に見分けるのは、実は非常に難しいと言われています。それは一説では、3歳児4歳児の40%近くが、注意欠陥障害(多動症)の可能性を持っていると言われているからです。多動症と診断されてしまったら、この症状に生涯付きまとわれる事を意味します。ですから出来れば3歳4歳位から、多動症の症状が確認できれば、それなりの対処法が構築できますので、早い段階での症状確認は、多動症...

 
 

多動症は大人になって突然発症するという事はありません。子供の頃から「落ち着きがない」「集中力がない」というレッテルを張られていた人が、治療することも無く大人になり、大人になってからADHDと診断されるケースが、最近増えていると言われています。最近は多動症という言葉も珍しくなくなり、子供に関する多動症の治療法なども、メディアに登場する回数が頻繁になってきましたが、大人の多動症については、まだまだ関心...

 
 

多動症と診断された場合、普通の小学校に通わせる事は出来るのか?多動症の子供の小学校入学を控えた親御さんにとって、此の問題は深刻かもしれません。結論から言うと、多動症の子供でも普通の小学校に入学させることは可能ですし、通い続けることも可能です。多動症と診断された場合は、養護学校等への入学を勧められる場合もあるかも知れませんが、一番に考えてやらなくてはならないのは、如何したら子供がベストの環境を得られ...