落ち着きがない 子供

MENU

落ち着きがない子供にストレスが・・・【原因は何?】

落ち着きがない子供は、何時の時代でもそれが当然として見過ごされてきました。然し最近その症状によっては、多動症という発達障害によるものであるという事が分ってきました。落ち着きがないけれど子供だから、と見過ごされがちだった症状が、障害と言える場合もある事が判明したのです。

 

子供はじっとしていられない生き物である事は常識ですが、その落ち着きのなさが異常である場合があります。多動症の症状が出始めるのは2歳頃と言われていますが、ほとんどの場合見過ごされてしまいます。が最近ADHDという言葉がメディアを賑わすようになり、一般の関心も高まってきました。

 

ADHD症状には、集中力がない、じっとしていられない、考えずに行動するという3つの特徴があります。原因の解明は未だになされてはいませんが、最近の研究では、先天的脳機能障害、特に前頭葉の働きが上手くいっていないという説が有力です。

 

前頭葉は物事を整理整頓したり論理的に考えたりする働きをします。つまり物事に対し、注意を持続させたり、感情や行動などをコントロールさせる働きをする部分です。この部分の働きがうまくゆかず、偏った行動をとったり、異常な行動に走ったりしてしまうのがADHD 症状です。

 

落ち着きのない子供に、落ち着きを取り戻させるには?

 

落ち着きがない子供には、遺伝的な要因に加え、環境要因もかなり影響していると言われます。ガンは遺伝しませんが、その体質が要因として遺伝します。また性格も要因として遺伝するのと同じです。落ち着きのない子供が、親の育て方やしつけで決まるというのは誤った考え方なのです。

 

そこで最近、落ち着きのない子供に対し、改善させる効果がある成分の研究が進み、話題となっているのが大豆由来のホスファチジルセリン(PS)です。ホスファチジルセリン(PS)は元来牛の脳から精製されていましたが、狂牛病の感染の危険性が懸念され、最近は大豆由来が本流となっています。

 

このホスファチジルセリン(PS)を主成分とするサプリメントが、落ち着きのない子供の落ち着きを取り戻す効果ありとして話題になっているのです。補助食品として研究開発され、子供によっては顕著な効果ありという報告もあります。

 

自分の感情や行動をコントロール出来ないことは、家族はもとより、本人が一番辛い思いをしているのです。もしサプリメントで、少しでも改善の余地が見込めるなら、学習塾や家庭教師にお金をかけるよりも先に、此の種のサプリメント使用にお金をかける事が、子供の為でもある気がします。

 

落ち着きがない、子供のまとめ

落ち着きがない子供でも、最近は対処によってはかなり改善されるという事がわかってきました。その改善を導く栄養素として、ホスファチジルセリン(PS)というリン脂質の一種が注目を集めています。食品では大豆にごく少量(0.003%)含有されているという貴重な成分です。

 

ホスファチジルセリン(PS)は、 子どもの集中力や記憶力、行動の落ち着きをサポートする働きがある、として注目を浴びています。その為にホスファチジルセリン(PS)を含有したサプリメントの研究開発も進んでいます。その中でも今話題の中心になっているのがコドミンです。

 

コドミンは、このホスファチジルセリン(PS)を1粒あたり100mgも配合しています。他の商品と比べても最大量の含有量です。同じ量のホスファチジルセリンを大豆から摂ろうと思ったら、3.3kg分の大豆が必要です。これは常識で考えても不可能です。

 

コドミンの公式ホームページでは、現在60日間返金保証付きの定期コースキャンペーン中です。コドミンは通販限定ですから、最安値で購入するには、公式ページの定期コースが、初回89%OFFっで最もお特です。コドミンの公式ホームページ利用で、一日も早い落ち着きのある子供さんを取り戻して下さい。