多動性障害 子供

MENU

多動性障害と診断された子供とどう接すればいい?

多動性障害とは、発達障害の1つで、落ち着きが無い、じっとしていられない、という状態が普通の子供より目立つ子供の事を言います。多動性障害の場合、大抵は注意欠陥・多動性障害(ADHD)というタイプの発達障害として認識されています。

 

ADHDを発症する原因はまだ解明はされていませんが、先天的に能機能の一部に欠陥をもって生まれてきていると言われています。ADHD には知的な遅れはないので、自分の感情をコントロール出来ないというもどかしさを、子供本人が一番感じている障害と言えます。

 

多動性障害の子供の状態を改善させるには、実は接し方も非常に大事になってきます。多動性の子供は、傍で見ているよりも、何時も不安を抱えて生きている筈です。何故なら、周りに迷惑をかけていることも分かっているし、ミスが多いこともちゃんと分かっている筈だからです。

 

多動性の子供との接し方注意点!

 

@多動性障害の子供は、落ち着いて行動する事が出来ません。ですから思いついたら衝動的に行動してしまいます。その為にどうしてもミスが多くなり、周りへの迷惑行為も目立ちます。そういう時は頭から怒ったりせず、1点でも褒めてやれる所を見つけ、子供の目線で注意しましょう。

 

A多動性障害の子供は、知的な遅れは無いので、必ず何か得意なものがある筈です。注意深く観察し、子供が好きなこと、得意なものを一緒に探しながら、その才能を伸ばしてやるようにすれば、思い掛けない能力を発揮する場合もあります。子供を心から愛する事で、必ず才能は開花させられますよ。

 

B洗脳という言葉がありますが、多動性障害の子供でも、ルールやマナーを繰り返し教えてやれば、必ずそれが身に着く筈です。押しつけるのではなく、とにかく根気強く繰り返し指導する事で、必要最低限のマナーやルールは身につけさせましょう。

 

C生活のリズムはなるべく崩さないようにしましょう。多動性障害の子供の不得意は、順応性ですから、予定を突然変更したり、子供が思い込んで計画して来た事を、無理やり中止させたり、変更させたりは、なるべく避けましょう。

 

Dミスをし易い事案は、本人と時々確認し、如何したらミスが少なくなるかを納得させましょう。直ぐには改善しないかもしれませんが、繰り返すうちに注意力が育つ筈です。多動性障害の子供は、周りのサポートでかなり改善できるのです。

 

E多動性障害の子供に効果のあるサプリメントを利用することです。最近は多動性障害の子供に有効なサプリメント開発がかなり進んでいます。特にお勧めは「コドミン」という商品です。集中力や落ち着きを取り戻すのに有効なホスファチジルセリンが、1粒に100rも含有されているからです。

 

多動性障害、子供まとめ

多動性障害の子供は、感情コントロールが下手なだけで、知的な障害はありません。ですから周りのサポートで正常な状態まで改善する事は可能です。特に子供の内は周りの対応が大事です。どんな病気でも早期発見早期治療が一番の妙薬です。

 

コドミンの公式ページでは、最大89%OFF→980円という最安値の定期コースが提供されています。初回限定ではありますが、60日間返金保証も付いています。 鉄は熱いうちに打てといいますが、子供の内にサポートする事で子供の未来は明るいものになります。

 

コドミンは今話題の商品なので、割引制度が打ち切られる可能性もあるとか。お子さんにADHD の疑いがあるのであれば、是非コドミンをお試しすることをお勧めします。薬ではありませんから、健康食品として割引制度を利用されるのが得策と思いますよ。