多動症 3歳

MENU

多動症なのか判断するには?【3歳児の特徴】

多動症の子供と普通の子供を、3歳や4歳頃に見分けるのは、実は非常に難しいと言われています。それは一説では、3歳児4歳児の40%近くが、注意欠陥障害(多動症)の可能性を持っていると言われているからです。多動症と診断されてしまったら、この症状に生涯付きまとわれる事を意味します。

 

ですから出来れば3歳4歳位から、多動症の症状が確認できれば、それなりの対処法が構築できますので、早い段階での症状確認は、多動症の心配のある子供を持つ親御さんにとっては、関心の高い事案かも知れません。そこで多動症を見分ける幾つかの症状をご紹介しましょう!

 

@何かに登るのが好きで、たとえそこが危ないと分っていても、また登っては駄目と言われても、止(や)め様とせず、強引に登ろうとする。A落ち着きがなく、立ったり座ったりと、常に体を動かしている。従っておとなしく座っている事が極力苦手である。

 

Bじっとしていられないから常に走り回るが、その動きが早い。怪我をしそうな場所でも加減無く走り回る。C3歳〜4歳児は普通であれば片足とびが出来るが、多動症の子供は片足とびが出来ない。D直ぐに攻撃的になるので、同じ位の子供と仲良く遊ぶことが出来ない。

 

E同じ位の子供と遊んでいても、一人だけ特別にはしゃいだり、大声を出したりしてうるさい。F誰にでも声をかける。たとえ知らない人でもなれなれしくする。G危険な状況や、危険物に対する気付きが極度に少ない。H何事にも集中力が持続しないで、直ぐに飽きる。

 

I同じ事を我慢して続ける事が出来ないで、直ぐに投げ出してしまう。J理由も無く癇癪を起し易い。といった幾つかの症状を、自分の子供と当てはめて見て下さい。幾つか当てはまる症状が見られたら、一応多動症の心配をする必要があるかも知れません。

 

多動症に似た症状があっても、必ずしも多動症とは言えない場合もあります!

 

つまり上記のような多動症の症状は、注意深く観察すると、3歳4歳頃に顕われると言われていますから、
その場合、専門家の診断と支持に従って対処した方が良いという事です。もし早く多動症と分れば、効果的な治療をいち早く受ける事が出来、症状を悪化させずに改善することも可能だからです。

 

特に最近は多動症に効果のある、ホスファチジルセリン(PS)を含有するサプリメントが進化しています。早い段階でのホスファチジルセリン(PS)の使用で、進行を食い止め、日常の生活に支障をきたさない程度に改善できるのです。

 

多動症、3歳のまとめ

多動症は、早い段階だと1歳台で症状が現れるとも言われていますが、3歳〜4歳頃になると、かなりはっきりと顕われるとも言われますから、出来れば細心の注意心を以って観察することがベストです。子供にとって、いちばん身近にいるものが最高の名医という言葉もあります。

 

昔は7つ8つは憎まれ盛り、と言われましたが、今は低年齢化して、3つ4つは憎まれ盛りと言われています。精神年齢は必ずしも社会性を伴いませんが、3歳4歳でも、発達障害(多動症)があるかどうかの判断が、以前よりはし易くはなっているのは確かです。

 

そうは言っても、子供の病気や発達障害は、周りの関心と観察が不可欠です。多動症に効果のあるサプリメントとして、コドミンが今話題ですが、少しでも多動症の心配がある場合、一度コドミンの公式ページを覗いてみる事をお勧めします。

 

公式ホームページには、多動症に対する心配の糸口を導き出す答えが詰まっているように思います。判断するのはあなたです。子供の将来の為にも、早めのチェックを心よりお勧めします。